command が失敗することがあるなら、以下のように判定すると終了ステータスが必ず0になりジョブが失敗しない。

result=0
command || result=$?
if [ $result -eq 0 ]; then
    // ここにcommandの実行が成功したときの処理を書く
fi

元ネタは【Bash】コマンドの終了ステータスを判定して何かしたい時のイディオム